×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

咳喘息の特効薬
咳喘息の特効薬は気管支拡張薬です。
咳喘息には風邪薬や咳止め、抗生物質などは効果がなく、テオフィリンやβ刺激薬などの気管支拡張薬が効果的です。
気管支拡張薬が効いて初めて咳喘息と診断されるケースも多々あります。
咳喘息の治療は喘息の治療に準じて行われており、発作時に使用する気管支拡張薬や発作を起こりにくくする吸入ステロイドが使用されます。
気管支拡張薬は喘息や咳喘息の発作時に狭くなった気管支を広げて呼吸を楽にする作用がありますが、気管支拡張薬は一時的に咳や発作を和らげるだけで根本的な治療にはなっていません。
これに対し、吸入ステロイドは気管支の炎症を徐々に治療していきますので、喘息の発作自体を起こりにくくします。
吸入ステロイドの服用は喘息だけでなく咳喘息の治療にも有効です。
咳喘息の場合、咳がおさまってからも吸入ステロイドを3ヶ月程度服用し続けるほうが、再発の可能性が低くなります。
さらに、吸入ステロイドには咳喘息から喘息への移行を予防する働きもあります。
日本ではステロイドと聞くだけで拒絶反応を起こす人がいますが、吸入ステロイドは経口ステロイドのような全身的副作用の心配は少なく、長期にわたり服用できるようになっています。
これらの気管支拡張薬や吸入ステロイドを使用しても咳喘息が治らない場合には、抗アレルギー薬が使用される場合があります。
一方、薬物による治療だけではなく、日常生活におけるストレスを取り除いたり、アレルギー体質の人はハウスダスト、ダニ、ペットの毛、花粉などのアレルゲンを取り除くことも重要です。
また、クーラーによる冷えすぎ、タバコの煙、しゃべりすぎによる過呼吸なども咳喘息からの回復を遅らせる原因であると考えられています。
咳喘息は咳以外の病気や異常が認められないだけに診断が非常に難しく、医者の認知もあまり進んでいません。
咳喘息の疑いがあるときは、かかりつけの医者以外にセカンドオピニオンを求めるのもいいでしょう。

<スポンサードリンク>


咳喘息と 季節の関係は
咳喘息は、風邪の延長線上におこることが多い病気です。
風邪の後に咳が続き、なかなか風邪が治らないなと思っていて、風邪薬を服用しても咳だけが治まらないということもあります。
本人は唯単なる風邪だと思いこんでいて、1ヶ月くらいして病院に行ったら咳喘息という病名をいただくことがしばしばあります。
このように、咳喘息は風邪の季節と相関関係があるようです。
風邪の季節は、咳喘息の季節と言えそうです。
個人差はもちろんあります。
まず、風邪なり咳喘息の季節的なところからいうと、晩秋から初冬ということでしょうか。
昼間はそこそこ暖かくても、朝夕はめっきり冷えてくる時期です。
呼吸器系の弱い体質の人には、この朝夕の温度差に影響を及ぼされやすいということです。
鼻炎や喘息もそうですが、一番風邪を引きやすい季節です。
咳喘息の経験者は、一様に言っています。
「季節の変わり目に咳喘息にかかってしまった。」と。
気温や湿度の変化に対する対策を怠った結果、風邪をひいて、空咳が治まらずに病院に駆け込んだら咳喘息。
東洋医学に「五行学説」というのがあります。
秋は、乾燥=燥邪(そうじゃ)の季節と考えられています。
燥邪は「肺」を中心とした呼吸器系です。
「肺」経の特徴として、潤いを好み乾燥を嫌う「喜潤悪燥」という性質があり、秋は肺にとって一番やっかいな季節なのです。
秋の季節は、特に注意が必要です。
次に咳喘息になりやすい季節として、春先です。
春先の咳喘息は、温度や湿度も関係ありますが、花粉とかダニなんかがアレルゲンとなっていることも多いようです。
そして、黄砂の影響もあるようです。
黄砂の量は年々増えてきています。
地球温暖化や大気汚染などで、黄砂の影響も無視できないところまできています。
常時マスクをするわけにはいきませんから、せめてうがいの習慣は付けるようにしましょう。
気管支を鍛える意味でも。
適度な運動、バランスのとれた食事で基礎体力をつけて、風邪をひきにくい体質作りをめざしていきましょう。


咳喘息が治るには
咳喘息の症状は、咳だけがでることであり、慢性的に空咳が続くのが特徴である。
ヒューヒュー、ゼーゼーといった喘息特有の症状はない。
風邪の症状のように、咳は痰を伴わないが、咳喘息の1/3は数年以内に喘息に移行することもあって、早期完治が必要です。
咳喘息は気管支拡張薬が有効で、風邪薬、抗生物質、咳止めは効果がありません。
症状が改善されたら、完治したものと勘違いして、そこで治療をやめてしまう方が多いのですが、そこでやめてしまうと再発率はかなり高くなります。
再発の反復は、治りにくくなるからです。
医師の指示に従うのは当然ですが、喘息に移行しない為にも3ヶ月から6ヶ月くらいを考えておいた方がいいでしょう。
症状によっては、吸入ステロイド薬を長期に使用することもあるようで、これは咳喘息を治すことと、喘息へ移行しないためでもあります。
ステロイド系は全て悪とする習慣が日本にはあるようですが、正しく運用すれば正しい結果がでてきます。
また、即効性はあまり期待できませんが、漢方医薬も視野に入れてみるのもいいでしょう。
★杏仁(キョウニン) 喘息の咳止め。
咳を起こす不良の水分を取り去り、まぶたの腫れているものを治す。
★五味子(ゴミシ) 強い咳き込みに酸味成分が効く。
虚弱な咳には五味子が副腎を刺激して生じる副腎皮質ホルモンが効く。
★細辛(サイシン) 咳による咽喉の痙攣を鎮め、痰を生じせしめないようにする。
★車前子(シャゼンシ) 呼吸運動を深大かつ緩慢にさせ、鎮咳の作用を現す。痰を出させる働きもある。
★瓜呂仁(カロニン) 胸部の熱を冷まし、虚弱者の肺、気管支を元気づける。
漢方薬は、副作用もほとんどなく、体質改善にもじわりじわりの効果が期待できます。
咳喘息になったという方は、それなりの外的・内的な原因があり、体質にも深く関わっていると考えられます。
とりあえずは完治したと思えても、来年の今頃に再発する可能性だって十分にあります。
普段からの予防意識をもっておきたいものです。
喫煙者の方は、即禁煙すべきです。


咳喘息

  • 咳喘息の治療法は
  • 咳喘息の注意点は
  • 咳喘息と喘息との違い

咳喘息2

  • 咳喘息の特効薬は
  • 咳喘息と季節の関係は
  • 咳喘息が治るには



サイトポリシー



お友達サイトのご紹介

<美容関係>

 薄毛3

 アロマセラピーのスクール

 全国エステサロン情報局

 エステで美しくきれいにエステで健康になろう

 美容ダイエットドットコム


<健康関係>

 咳喘息2

 ガン(がん)2

 メタボリックシンドローム2

 メタボリックシンドローム3

 メタボリックシンドローム4

 活性酸素2

 眼精疲労2

 低血圧

 足裏マッサージの方法2

 O脚矯正2

 コンタクトレンズ2

 ゲルマニウム温浴効果

 オーラソーマ

 歯列矯正ネット


<保険関係>

 保険各種

 生命保険と共済2


<就職・転職関係>

 転職2

 転職の勧め2

 転職の勧め3

 転職の勧め4

 転職支援機関2

 転職情報・求人情報2

 副業2

 副業3

 副業4

 副業5

 副業禁止

 紹介予定派遣2


<SOHO関係>

 情報商材の罠

 情報起業2

 楽天アフィリエイト2

 楽天アフィリエイト3

 楽天アフィリエイト4

 楽天アフィリエイト5


<料理・食べ物関係>

 料理レシピ

 料理教室


<娯楽・趣味関係>

 ゴルフの起源2

 ゴルフの歴史2

 ゴルフの歴史3

 ゴルフ会員権と税金2

 ゴルフ会員権の基礎知識2

 ゴルフ名言集2

 ゴルフ名言集3

 ゴルフ名言集4

 ゴルフ用品2

 ゴルフ用品3

 ゴルフクラブメーカー別最新ゴルフクラブ

 ユネスコ世界遺産紹介ページ


<生活支援関係>

 団塊世代と定年2

 失業保険と手当2

 失業保険と手当3


<結婚関係>

 ブライダル2

 ブライダル3

 お見合い2

 結婚あれこれ


<インターネット関係>

 ブログ作り2

 ブログ作り3

 ブログの機能2

 ブログの機能3

 ブログの機能4


<福祉関係>

 年金手帳2


<家電関係>

 デジタルカメラ2

 デジタルカメラ3


<行事関係>

 福袋


<育児関係>

 離乳食2